競馬の配当の計算式とは? 具体例を合わせて徹底解説!

競馬の魅力の1つは馬券ですが、
配当(オッズ)が、どのように決められているか
ご存知でしょうか?

公営ギャンブルと言われる競馬では、
競馬関係法令に合わせて、
払戻率が設定されています。

その払戻率をもとに、計算されているのが
配当(オッズ)です。

今回は、馬券を買う上で最も気になる
配当の計算式についてご紹介していきます。

数字や公的な書類が苦手な方には、
難しい話に思えるかもしれませんが、
馬券の回収率アップに繋がるかもしれない
ネタなので、最後までお付き合いください。

Sponsored Links

競馬の配当の計算は払戻率をかけて、馬券分で分割する

出典:http://www.weststock.com/

中央競馬の配当に関する計算式ですが、
JRAのホームページで公開されています。

払戻金は、付録第6で定める
算式によって算出した金額を
当該勝馬に対する各勝馬投票券の
券面金額に按分したものとする

簡単に言いますと、
「付録第6の式で計算した配当を
的中馬券の金額に応じて払戻します」
ということです。

■付録第6計算式

(W+D/P)×R+A/P
  • W:当該勝馬に対する勝馬投票券の
    総券面金額
  • D:出走した馬であって勝馬以外の
    ものに対する勝馬投票券の総券面金額
  • P:勝馬の数
  • R:JRAが投票法ごとに定めた率
  • A:WIN5においてキャリーオーバーが
    ある場合の金額

*「+A/P」は、WIN5でキャリーオーバーが
ある場合

字面ではわかりにくいですが、
同着などがない場合、
馬券の総額に払戻率をかけるというのが
この式となります。

例えば

  • 1着の馬の単勝の合計が2000万円
  • それ以外の単勝合計が8000万円

の場合、単勝の払戻率は80%なので
8000万円が払戻金の合計となります。

馬券は100円単位なので、
的中馬券は20万枚。

8000万円÷20万枚=400円。
単勝400円(4.0倍)という配当となります。

こういった計算を、馬券の種類ごとに
行ってはじき出された数字が
オッズとして反映されています。

競馬の配当の意味とは?

配当や払戻金といった言葉が出てきましたが
正確に意味を表すと

「馬券が的中した際に、払い戻されるお金」

のことを配当金と言います。

JRAの場合、馬券は100円単位なので

いぬ

100円がいくらになったのか?

という趣旨でレースに後に発表されています。

ですので、万馬券というのは、
100円が1万円以上の配当になった際に
使われる言葉となります。

Sponsored Links

競馬の配当の例を紹介!

競馬の配当には
どんなパターンがあるのでしょうか?

実際のレース結果を例に挙げながら
一緒に見てみましょう。

1.通常のケース

2018 日本ダービー

競馬の祭典、2018年の日本ダービーです。

単勝171,250
複勝17
12
7
410
390
3,640
枠連6 – 83,190
馬連12 – 177,950
ワイド12 – 17
7 – 17
7 – 12
2,710
34,420
30,290
馬単17 → 1215,520
三連複7 – 12 – 17521,600
三連単17 → 12 → 72,856,300

高配当ですが、1着2着3着が
1頭ずつなので、極めてシンプル
配当となっています。

2.同着の場合

2010 オークス

G1史上初めて、1着同着となった
2010年のオークスです。

単勝17
18
210
380
複勝17
18
2
180
270
450
枠連8 – 81,750
馬連17 – 181,870
ワイド17 – 18
2 – 17
2 – 18
900
2,020
2,020
馬単17 → 18
18 → 17
1,520
2,020
三連複2 – 17 – 1810,180
三連単17 → 18 → 2
18 → 17 → 2
20,460
24,290

1着馬が2頭だったので
単勝、馬単、3連単の的中が
2通りになっています。

3.少頭数の場合

2018年8月11日 小倉8R フェニックス賞 (OP) シングルアップ

7頭立てで行われた2018年の
フェニックス賞。

単勝3150
複勝3
1
110
190
馬連1 – 3480
ワイド1 – 3
3 – 4
1 – 4
210
240
400
馬単3 → 1620
三連複1 – 3 – 4960
三連単3 → 1 → 42,330

7頭以下のレースの場合は
複勝の的中は2着までとなります。

また、枠連は9頭以上が出走する
レースで発売されますので、
このレースでは発売されていません。

馬券の種類で払戻率は異なる!

出典:http://www.geocities.jp/nagatsuma01/index.htm

競馬の配当は、当たりやすさによって
変わっています。

複勝⇒単勝⇒ワイド⇒馬連⇒馬単⇒3連複⇒3連単

という順番で、当たり馬券の確率が
低くなるので、その分、配当も
大きくなることが多いです。

それとは、別に最初の見出しで
ご紹介した

(W+D/P)×R+A/P

の式の中のRに当たる払戻率は
馬券の種類によって異なっています。

詳しくは、下記の記事を
ご覧いただければ思いますが

⇒競馬の控除率とは?馬券の種類によって違うってホント?

基本的には、下記のようになります。

単勝複勝枠連馬連ワイド馬単3連複3連単WIN5
払戻率80%80%77%77%77%75%75%72.5%70%

この表を見ると、最も勝ちやすいのは
単勝または複勝だと言えるかも
しれません。

まとめ

少し難しい記事だったかもしれませんが、
今回は、競馬の配当を決めている
計算式を中心にご紹介しました。

同着や出走取消といった事態が
起こらない限りは、直前のオッズと
ほぼ同じような金額で確定します。

ただ、その計算には、上の表のような
払戻率が関わっているということを
頭の片隅に入れておいて
いただければと思います。

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》
08.馬券払い戻し



キムラマサヒロをフォローする
競馬辞典.com