騎手のイケメンランキング! 男前ジョッキーTOP10【女性必見】

一口に競馬が好きと言っても、
競馬の何が好きかは人によって異なります。

  • 純粋に馬が好き
  • 騎手が好き
  • 馬券を買うことが好き

私は昔から馬が好きで
その馬見たさに毎週競馬中継を見ていました。

そんな楽しみ方の中でも
好きな騎手やイケメン騎手を見たくて
競馬を見るという人もいます。

競馬界にはイケメンと呼ばれる騎手も多く
UMAJO増加に一役を買っています。

そこで今回はUMAJO注目の
イケメンジョッキーを
ランキング形式で10名

ご紹介していきたいと思います!

どんな人がいるのか、
所属と戦歴も合わせてご覧ください。

Sponsored Links

1.和田竜二

和田竜二<Ryuji Wada>

生年月日1977年6月23日
出身地滋賀県
所属栗東・フリー
身長165cm
体重50g
初騎乗1996年3月2日(4歳未勝利)
初勝利1996年3月16日(4歳未勝利)
重賞初勝利1996年12月7日(ステイヤーズS)
GⅠ初勝利1999年4月18日(皐月賞)

JRA所属の騎手で
競馬学校花の12期生の1人です。

父・兄は厩務員で
甥に同じくJRA騎手の岩崎翼がいます。

デビューした年に重賞を制し、
デビュー3年目の1999年に
テイエムオペラオーとともに皐月賞を、

翌2000年にはテイエムオペラオーと共に
重賞を8連勝し、
古馬GⅠグランドスラムを達成しました。

2014年に史上16人目の
JRA通算13000回騎乗、
2016年にはJRA通算1000勝を達成しました。

2.浜中俊

浜中俊<Suguru hamanaka>

生年月日1988年12月25日
出身地福岡県
所属栗東・フリー
身長163.8cm
体重47g
初騎乗2007年3月3日(3歳未勝利)
初勝利2007年4月7日(4歳500万下)
重賞初勝利2008年9月7日(小倉2歳S)
GⅠ初勝利2009年10月25日(菊花賞)

JRA所属の騎手で
同期に藤岡康太や丸田恭介らがいます。

当初は平地と障害の騎手免許を
保持していましたが、
騎乗機会がないまま障害免許は返上しています。

デビューした翌年に重賞を制し、
デビュー3年目の2009年に
スリーロールスで菊花賞を制しました。

2012年に年間131勝をあげ、
JRA史上3番目の若さで
全国リーディングジョッキーを獲得しています。

3.黛弘人

黛弘人<Hiroto Mayuzumi>

生年月日1985年11月12日
出身地茨城県
所属美浦・フリー
身長164.7cm
体重47g
初騎乗2006年3月4日(3歳未勝利)
初勝利20066年4月1日(4歳上500万下)
重賞初勝利2015年1月12日(フェアリーS)
GⅠ初勝利

元JRA所属騎手で調教師の黛幸弘の息子で
競馬学校22期卒業の騎手です。

松岡正海らと共に『ノビーズ』という
音楽バンドを結成しています。

2015年にJRA通算100勝を達成しました。

4.石橋脩

石橋脩<Shu Ishibashi>

生年月日1984年4月3日
出身地東京都
所属美浦・柴田政人厩舎
身長166cm
体重51g
初騎乗2003年3月1日(3歳未勝利)
初勝利2003年3月29日(4歳上500万下)
重賞初勝利2010年1月11日(フェアリーS)
GⅠ初勝利2012年4月29日(天皇賞(春))

JRA美浦トレセン所属の騎手で、
デビューした2003年に
民放競馬記者クラブ賞を受賞しました。

2014年にJRA通算400勝を達成しました。

5.菱田裕二

菱田裕二<Yuji Hishida>

生年月日1992年9月26日
出身地京都府
所属栗東・岡田稲男厩舎
身長162.6cm
体重46.4g
初騎乗2006年3月4日(3歳未勝利)
初勝利2006年3月19日(4歳上500万下)
重賞初勝利
GⅠ初勝利

JRA所属の騎手で
2012年に騎手デビューしました。

デビューした年に422回騎乗し、
1着23回、2着25回と好成績を残し、
中央競馬関西放送記者クラブ賞を
受賞しました。

2012年にJRA通算100賞を達成し、
1回福島競馬のリーディングを獲得しました。

Sponsored Links

6.北村友一

北村友一<Yuichi Kitamura>

生年月日1986年10月3日
出身地滋賀県
所属栗東・フリー
身長162.6cm
体重46.9g
初騎乗2006年3月4日(3歳未勝利)
初勝利2006年3月19日(4歳500万下)
重賞初勝利2008年10月18日(デイリー杯2歳S)
GⅠ初勝利

JRA所属の騎手で
2006年にデビューしました。

デビューした年に14勝を挙げ、
中央競馬関西放送記者クラブ賞を
受賞しています。

2012年にJRA通算300勝を達成し、
小倉ターフ賞を受賞しました。

7.藤岡康太

藤岡康太<Kota Fujioka>

生年月日1988年12月19日
出身地滋賀県
所属栗東・フリー
身長166.6cm
体重47.2g
初騎乗2007年3月3日(3歳未勝利)
初勝利2007年3月3日(3歳未勝利)
重賞初勝利2009年3月21日(ファルコンS)
GⅠ初勝利2009年5月10日(NHKマイルカップ)

JRA所属の騎手で、JRA史上42人目となる
初騎乗レースで初勝利を飾りました。

父は調教師の藤岡健一で
兄に藤岡祐介がいます。

競馬学校の同期には浜中俊がいました。

デビュー3年目の2009年に
ジョーカプチーノとともに
ファルコンS・NHKマイルCを制覇し、
重賞・GⅠ初勝利を達成しました。

2016年にはJRA通算400勝を達成し、
初勝利・通算100勝・300勝・400勝・
重賞初勝利を全て中京競馬場で達成しました。

8.川須栄彦

川須栄彦<Haruhiko Kawasu>

生年月日1991年11月9日
出身地福岡県
所属栗東・フリー
身長158cm
体重46g
初騎乗2010年3月13日(3歳未勝利)
初勝利2010年5月23日(3歳未勝利)
重賞初勝利2012年2月4日(小倉大賞典)
GⅠ初勝利

JRA所属の騎手で
競馬学校の26期生の1人です。

デビューした年の12月には
フリーに転向しています。

2013年にJRA通算200勝を達成しました。

9.杉原誠人

杉原誠人<Makoto Sugihara>

生年月日1992年10月31日
出身地埼玉県
所属美浦 藤沢和雄厩舎
身長164.5cm
体重51g
初騎乗2011年3月26日(4歳上500万下)
初勝利2011年5月14日(3歳未勝利)
重賞初勝利
GⅠ初勝利

JRA所属の騎手で
幼き頃にダイワメジャーが制した天皇賞(秋)を
ゴール坂目の前のスタンドで制したのを見て
騎手を志しました。

不運に不運が重なり、
他の同期たちより遅いデビューをしています。

2013年に第27回全日本新人王争覇戦で
優勝しています。

10.御神本訓史

御神本訓史<Norifumi Mikamoto>

生年月日1981年8月25日
出身地島根県
所属大井・三坂盛雄厩舎
身長161cm
体重49.5g
初騎乗1999年4月10日(4歳未勝利)
初勝利1999年4月10日(4歳未勝利)
重賞初勝利2006年3月(東京シティ盃)
GⅠ初勝利2007年10月31日(JBCスプリント)

地方競馬(大井)所属の騎手です。

父は元益田競馬の騎手・調教師の
御神本修氏です。

2000年と2002年に益田競馬場の
リーディングジョッキーに輝き、
NARグランプリにも選ばれました。

2013年に253勝を挙げ、
南関東リーディングジョッキーとなりました。

まとめ

いかがでしたか?

今回はイケメン騎手をランキング形式で
ご紹介してきました。

今回は10名だけご紹介しましたが、
この他にもユーモアが溢れる騎手や
TVなどでもよく出ている騎手など
たくさんいます。

ぜひ確認してみていただけたらと思います。

この他騎手に関する記事がありましたので
合わせてご紹介します。

競馬ジョッキーのランキング!生涯獲得の賞金TOP10!

こちらは生涯獲得賞金の多い騎手を
ランキングにしたものです。

有名どころも多いので、
あまり騎手を知らないという人
一緒に確認して見てください☆

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》

 

09.騎手



うぶをフォローする
競馬辞典.com