競馬の大穴! 過去の大波乱になったレースをご紹介!

競馬で観衆が大きくどよめくシーンと言えば
大穴が激走した時!

人気薄の馬が馬券圏内に突入すると
着順が確定し、払戻金が発表されると
歓声ともため息ともつかない声が
競馬場を包みます。

いつかは、大穴をゲット!

そのための参考にするために
今回は、過去の大レースの中から
大穴が激走した印象的なレースを
考察してみたいと思います。

大波乱になったレースに共通点は
あるのでしょうか?

観客がどよめく超高額配当レースを
一緒に見て行きましょう!

Sponsored Links

1.2015年ヴィクトリアマイル

出典:https://keiba-times.com/

近年の大レースで、大穴の激走と言えば、
2015年のヴィクトリアマイルでしょう。

着順枠番馬番馬名騎手人気
135ストレイトガール戸崎圭5
247ケイアイエレガント吉田豊12
3818ミナレット江田照18

超高速馬場で行われた、この年の
ヴィクトリアマイル。

ハイペースで逃げる最低人気のミナレットと
2番手で追走したケイアイエレガントが
3着と2着に入る典型的な前残り決着。

スプリントG1で1番人気押されたこともある
ストレイトガールが持ち前のスピードを
発揮して、初のG1制覇を達成しました。

レース映像は、こちら↓↓↓

2015 ヴィクトリアマイル

1番人気の前年のオークス馬ヌーヴォレコルトが
ハイペースに苦戦したこと。

その他の上位人気馬が、
差し・追い込みタイプだったため
前残りに対応できなかったことが
穴馬の激走に繋がったと言えます。

2018年9月末の時点では、
3連単、3連複ともに重賞の最高配当額
となっています。

■2015年ヴィクトリアマイル払い戻し

単勝051,410円
複勝05
07
18
490円
1,020円
8,500円
枠連03 – 044,510円
馬連05 – 0736,880円
ワイド05 – 07
05 – 18
07 – 18
5,410円
86,300円
86,580円
馬単05 → 0773,990円
三連複05 – 07 – 182,860,480円
三連単05 → 07 → 1820,705,810円

2.2008年桜花賞

3歳馬だけが出走できるクラシック史上
トップクラスの大荒れとなったレースが
2008年の桜花賞。

着順枠番馬番馬名騎手人気
1715レジネッタ小牧太12
2818エフティマイア蛯名正義15
3713ソーマジック後藤浩輝5

人気の一角が出走取消となるなど、
レース前から不穏な空気が流れている中
1番人気と2番人気の追い込みが不発。

トライアルで出遅れた3着だったので
人気の盲点となっていたレジネッタと
重賞ウイナーながら5戦連続着外なうえ、
-10kgでの出走となったエフティマイアで決着。

2018年9月末の時点で、更新されていない
馬単、馬連ともにG1史上最高配当
となる大波乱
となりました。

レースの動画はこちら↓↓↓

2008 桜花賞

続くオークスでレジネッタは3着、
エフティマイアは2着に入っているので
決して力のない馬ではありませんでしたが
桜花賞の時点では、人気のない馬でした。

この年の3歳牝馬3冠は、なんと
3レースともに馬連が万馬券となる
非常に難しい世代でした。

■2008年桜花賞払い戻し

単勝154,340円
複勝15
18
13
1,120円
3,310円
430円
枠連7 – 82,340円
馬連15 – 18196,630円
ワイド15 – 18
13 – 15
13 – 18
35,680円
5,880円
22,260円
馬単15 → 18334,440円
三連複13 – 15 – 18778,350円
三連単15 → 18 → 137,002,920円
Sponsored Links

3.1989年エリザベス女王杯

またもや牝馬限定G1です。
当時は3歳牝馬路線の3冠目として
京都競馬場の芝2400mを舞台に行われていた
エリザベス女王杯で大穴が激走を見せました。




馬名騎手
136サンドピアリス岸滋彦20
2717ヤマフリアル村本善之10
348シンビクトリー角田晃一14

これまで逃げて2勝を挙げていた
20頭立ての20番人気だったサンドピアリス。

このレースでは後方5番手付近から
進めると、末脚が爆発。
直線真ん中から一気に伸びて、
最低人気でのG1制覇を達成しました。

こちらが、その1989年の
エリザベス女王杯の動画です↓↓↓

1989 エリザベス女王杯

桜花賞馬でオークス2着、
前哨戦を快勝していたシャダイカグラが
レース中に故障を発生したこともあり

10番人気以上の馬ばかりが
上位に突っ込む結果となりました。

2018年9月末までの時点で、
このレースが重賞での
単勝、複勝の最高配当となっています。

■1989年エリザベス女王杯払い戻し

単勝643,060円
複勝6
17
8
7,670円
720円
6,050円
枠連3 – 78,460円

このレースはいくら情報を見直しても
的中させるのは難しいのではないでしょうか…

馬連、馬単、3連複、3連単が
もしあったとしたら、想像を絶する
金額が表示されていたでしょうね。

競馬の大穴の過去最高といえるレースは?

ここまでは、記憶に残りやすい
G1レースで起きた大穴の激走を
ご紹介しましたが

最後に、日本競馬史上、過去最高の
払い戻しが記録されたレース
ご紹介します。

それは、

ウマ

2012年8月4日
第2回新潟7日目に行われた
芝1400mの2歳新馬戦

このレースでは、牡馬の人気どころが
中団から進めるのを後目に、
飛ばしていった3頭の牝馬が
快走を見せました。

こちらが、そのレース動画です↓↓↓

2012/08/04 ミナレット 新馬戦



馬名騎手着差
148ミナレット嘉藤貴行14
236ヘイハチピカチャン木幡初広クビ12
2714ファイヤーヒース石神深一同着10

先ほどの2016年のヴィクトリアマイルで
激走を見せたミナレットのデビュー戦。

彼女は2度も超高額配当を演出していて、
大穴党の女神みたいな存在ですね。

2着が同着のため3連単は的中が
2通りにも関わらず、2018年9月末時点で
JRA史上最高配当額となる
超高額の払い戻しを記録しました。

(WIN5は除く)

このレースの払い戻しはこちら

単勝812,190
複勝8
6
14
3,910
1,590
1,180
枠連3 – 4
4 – 7
9,600
10,960
馬連6 – 8
8 – 14
78,810
99,120
ワイド6 – 8
8 – 14
6 – 14
37,230
36,940
9,490
馬単8 → 6
8 → 14
207,350
252,850
三連複6 – 8 – 14955,760
三連単8 → 6 → 14
8 → 14 → 6
29,832,950
14,916,520

夏は牝馬!

という格言を覚えておきたい
結果ですね。

まとめ

今回は、競馬の大穴が突っ込んだ
印象的なレースをご紹介しました。

荒れるレースについては、
こちらの記事をどうぞ!
⇒競馬の荒れるレースと言えば? 条件や理由はあるの?

大穴について詳しくは、
こちらの記事もご覧ください。
⇒競馬の大穴とは?倍率は何倍なの?確率がどれくらいか調べてみた

ご紹介したような超高額配当は
なかなか予想ではたどり着けないかも
しれません。

好きな数字や好きな馬を買い続けてみて

当たれば儲けもの!

ぐらいの軽い感覚で、夢の高配当を
狙ってみるのが良いのでは
ないでしょうか。

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》
コラム



キムラマサヒロをフォローする
競馬辞典.com