スポンサーリンク

ローエングリンとは? 産駒や血統・過去のレースを紹介!

今回ご紹介する種牡馬はローエングリン。

芝・ダート、ヨーロッパ・北米・日本・ドバイ
馬場も場所も問わず活躍した
シングスピールの血を日本に伝える、
数少ない種牡馬です。

父のタフさを受け継ぎ、フランスや香港でも
走り8歳まで現役を続けたローエングリンの
現役時代のレースとともに

種牡馬としてのローエングリンの特徴を
ご紹介していきます。

ワーグナーのオペラから名前を取られた
栗毛の騎士は、一体どんな馬なのでしょうか?

スポンサーリンク

ローエングリンの産駒!子供を5頭紹介

2001年から2007年までという
長い期間、現役として活躍した
ローエングリンは2008年から種牡馬として
第2の馬生を歩んでいます。

まずは、彼の代表的な産駒を
ご紹介していきましょう。

■ローエングリン血統表

シングスピールIn the Wings
Glorious Song
カーリングGarde Royale
Corraleja

1.ロゴタイプ

2013 皐月賞

ロゴタイプ(牡)2010年産
母:ステレオタイプ
母父:サンデーサイレンス

ローエングリンの2年目の産駒として
デビューしたのがロゴタイプ。

朝日杯フューチュリティステークスで
父に初重賞と初G1をプレゼント。

さらにクラシックの皐月賞も制覇し
世代のトップランナーとして
エピファネイアやキズナと
3冠を分け合いました。

皐月賞制覇後は長いスランプに
陥ったものの父親譲りのタフさで復活。
6歳で安田記念に優勝しG1・3勝目
飾りました。

父の後継として2018年から
種牡馬として歩み出しています。

2.カラクレナイ

2017/03/12 第51回 フィリーズレビュー(GⅡ)【カラクレナイ】

カラクレナイ(牝)2014年産
母:バーニングレッド
母父:アグネスタキオン

父と違って末脚が自慢の娘が
カラクレナイ。

2連勝で挑んだ桜花賞トライアルの
フィリーズレビュー(G2)では
後の桜花賞馬・レーヌミノルを
豪快に差し切って重賞制覇。

続く桜花賞でも僅差の4着に入る
活躍を見せています。

3.ヴゼットジョリー

2016/08/28 第36回 新潟2歳S(GⅢ)【ヴゼットジョリー】

ヴゼットジョリー(牝)2014年産
母:フレンチビキニ
母父:サンデーサイレンス

父と同じ勝負服で走る新潟2歳女王が
ヴィゼットジョリーです。

新馬戦で勝利した後に挑んだ
新潟2歳ステークス(G3)で優勝。

ローエングリン産駒の牝馬としては
初の重賞勝利を果たしました。

4.ハッピーグリン

2018年1月28日 東京9R セントポーリア賞 (500万下) ハッピーグリン

ハッピーグリン(牡)2015年産
母:レディセラヴィ
母父:アグネスタキオン

中央ではなく、北海道競馬に
所属している現役馬。

地方所属の身ながら、
セントポーリア賞(500万下)で
中央の評判馬相手に快勝。

地方馬ながら中央の芝との
相性の良さを示しています。

5.アドマイヤシナイ

アドマイヤシナイ(牡)2014年産
母:プリンセスドルチェ
母父:アドマイヤベガ

最後に紹介するのは、アドマイヤムーンの
近親に当たるアドマイヤシナイ。

2018年7月25日現在は
500万クラスのですが、父親譲りの先行力で
デビュー以来、掲示板を外していない馬。

父や叔父のようなタフさと成長力を
発揮できれば、もっと上のクラスで
活躍できるかもしれません。

ローエングリン種牡馬としての成績/戦績は?

出典:https://ja.wikipedia.org

上記のような産駒を出している
ローエングリンの種牡馬としての
成績を見て行きましょう。

年度順位出走頭数勝馬頭数重賞
出走勝利
20173910114101
201651611172
20156632690
20147537850
20134738592
20126236551
201117826210

出走頭数も少なく、苦戦しているように
見受けられます。

しかし、ロゴタイプが活躍したことで
2014年産、2015年産世代の
成績はアップ。

世代別ランキングで20位台に入って
きています。

ローエングリンの種付け頭数と種付け料を紹介

現在はレックススダッドで繋養されている
ローエングリンの2018年の種付け料は

  • 受胎条件:50万円
  • 出産条件:80万円

という金額。後継種牡馬のロゴタイプが
受胎条件80万円なので、息子よりも
少し安い金額です。

また、2017年までの種付け数は

種付年度種付頭数
200895
200971
201055
201146
201230
2013176
2014112
201564
201646
201767

ロゴタイプの活躍によって
少し種付け頭数が持ち直しています。

ローエングリンの馬主は?

ローエングリンは現役時代、
社台レースホースの所有馬でした。

社台レースホースはクラブ法人なので
ローエングリンは一口馬主の馬として活躍。

同じクラブの同期には2冠馬
ネオユニヴァースがいます。

ローエングリンの現役時代の成績/戦績は?

最後にローエングリンの現役時代の
戦績をご紹介します。

主な勝ち鞍

G2:中山記念2回、マイラーズカップ2回
その他:ムーランドロンシャン賞2着など

2歳から8歳まで長く現役を続け
48戦(10.5.6.27)という成績を
残しました。

G1には届きませんでしたが
3歳で挑戦した宝塚記念や
4歳時の安田記念や香港マイルで3着
入り、一線級の能力を示しています。

日本で活躍馬が少ないサドラーズウェルズ系の
代名詞的存在と言える馬です。

ローエングリンの脚質は?

現役時代のローエングリンの持ち味は
類まれな先行力を活かした逃げ。

多くのレースでハナを切り
ゴール寸前まで粘りを見せました。

その脚質は息子のロゴタイプにも
引き継がれていて、逃げて復活の
G1勝利を飾っています。

レース動画を紹介

■2007年中山記念

2007/02/25 第81回 中山記念(GⅡ)【ローエングリン】

ローエングリンの8歳シーズンの初戦で
現役最後の勝利となったレース。
好スタートから逃げると
そのまま後続を完封。

中山競馬場での見本のような逃げを
披露し、2年ぶりの勝利を飾りました。

■2003年安田記念

2003/06/08 第53回 安田記念(GⅠ)【アグネスデジタル】

ローエングリンが国内で最もG1に
近づいたのがこのレース。

2番手から進め、直線半ばで先頭に立ち
しぶとく粘るものの、ゴール前で
2頭に交わされ無念の2着に終わりました。

しかし、13年後の安田記念で孝行息子の
ロゴタイプが後続を抑え切って優勝。
父が一歩及ぼなかった安田記念制覇
成し遂げました。

まとめ

今回は日本では数少ない欧州の主流血統である
サドラーズウェルズ系の種牡馬
ローエングリンをご紹介しました。

現役時代にG1勝利がなかったために
種牡馬としての環境は良いとは
言えなかったものの

2世代目に登場したロゴタイプのおかげで
その可能性が見直され、今なお
需要がある存在です。

自身が大きなケガもなく大レースに
出走し続けた馬だったので
タフな馬が好きな馬主さんには
重宝されそうなロゴタイプ。

年齢的に大物が出る可能性は
低いかもしれませんが、息子のロゴタイプを
通じて、その血が広がっていくことを
期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました