大阪杯の傾向とは? 歴代の血統&産駒について紹介!

現時点で古馬G1として最も新しいレースが
4月に阪神競馬場で行われる大阪杯。

いぬ

現代競馬で最も重要視されている距離

と言っても過言ではない2000mで争われ、
古馬の一線級が集います。

  • 天皇賞・春を目指す馬
  • 安田記念に挑む馬
  • 宝塚記念が目標の馬
  • ヴィクトリアマイルに臨む馬

どの路線の馬にとっても、
ちょうど良い時期と距離の大阪杯なので
多種多様な馬が相まみえる可能性があります。

そこで、今回は大阪杯の馬券攻略の
ポイントになりそうな傾向を探って行きます。

G1としては、まだ2回しか行われていませんが
同じ時期に同じ距離で長く実施されていた
G2時代のレースも参考にしながら、
大阪杯の特徴を見て行きましょう!

Sponsored Links

大阪杯の傾向! 血統や脚質によって異なる?

出展:https://ja.wikipedia.org

大阪杯(G1)

競馬場:阪神競馬場
距離:芝2000m(内回り)
出走条件:4歳以上

1957年に大阪盃の名前で創設されて以来
春の阪神競馬場で、芝の中距離戦として
行われてきた大阪杯。

84年~2016年までは、春の天皇賞を目指す
馬たちを中心とした古馬トップクラスの
春の始動戦として定着していたレースでしたが
2017年にG1に昇格。

大阪杯は、スピードとスタミナが要求される
芝2000mでチャンピオンを決める戦いです。

そんな大阪杯に強い脚質や
血統といった傾向を見て行きましょう。

レースは先行馬が有利? 差し馬の逃げ馬どちらが良い?

まずは、大阪杯優勝馬の脚質を探ってみます。
G2時代も含めた過去10年の結果は

  • 逃げ馬…0勝
  • 先行馬…3勝
  • 差し馬…3勝
  • 追い込み馬…3勝
  • まくり…1勝

と、万遍なく勝ち馬が出ていますが
比較的、決め手のある馬に
有利な傾向があるようです。

ただし、内回りコースで
直線が360m弱と、あまり長くないため
3コーナーで10番手以下だったのは2頭だけ

末脚自慢の馬でも、不器用な馬には不向きで
自在性のある馬を探したいところです。

レースに強い血統や産駒はあるの?

続いて、大阪杯に強い血統を
探ってみましょう。

過去10年でディープインパクト産駒が
アンビシャス、ラキシス、キズナで3勝。
他に2着3着が2回ずつと好成績です。

父サンデーサイレンス系が圧倒的に強く
ステイゴールド、マンハッタンカフェも2勝、
ブラックタイド、ハーツクライも優勝馬を
出していてサンデー系が過去10年で9勝です。

複勝圏内を見てみても、父方に
サンデーサイレンスを持つ馬が合計20頭。
2/3を占めていて、サンデー系に背けない
レースと言えるでしょう。

レースに強い馬年齢は何歳?

大阪杯の勝ち馬の年齢を見てみると

  • 4歳…5勝
  • 5歳…4勝
  • 6歳…1勝

勢いのある4歳、5歳が優勢です。

2018年は上位3着を4歳が独占しましたが
同世代が上位を独占したり、3頭中2頭を
占めるという事が頻繁に起きています

■2018年大阪杯結果

1スワーヴリチャード牡4
2ペルシアンナイト牡4
3アルアイン牡4

■2016年大阪杯結果

1アンビシャス牡4
2キタサンブラック牡4
3ショウナンパンドラ牝5

■2015年大阪杯結果

1ラキシス牝5
2キズナ牡5
3エアソミュール牡6

■2013年大阪杯結果

1オルフェーヴル牡5
2ショウナンマイティ牡5
3エイシンフラッシュ牡6

■2011年大阪杯結果

1ヒルノダムール牡4
2ダークシャドウ牡4
3エイシンフラッシュ牡4

■2010年大阪杯結果

1テイエムアンコール牡6
2ゴールデンダリア牡6
3ドリームジャーニー牡6

と、過去10年で6度、同世代が1着・2着。
そのうち3度は、3着まで独占しています。

上記以外の年でも1着3着が同世代
という年もあるので、軸馬と同世代の馬を
中心に買いたいレースです。

大阪杯は内枠有利ってホント?

大阪杯が行われる阪神競馬場の芝2000mは

内回りなので、直線が350m強とあまり長くない

という事は、内枠が有利に見えますが……

■大阪杯、過去10年の枠番別馬券割合

  • 1枠(0.0.0)
  • 2枠(0.0.2)
  • 3枠(1.4.1)
  • 4枠(2.0.2)
  • 5枠(1.3.1)
  • 6枠(1.1.1)
  • 7枠(2.1.1)
  • 8枠(3.1.2)

と、内枠が不調という結果。
実はこれは、、、

阪神芝2000m全体の傾向と真逆!

の傾向なんです。

力のある馬が内枠に入っていないという
こともあると思われますが、
それ以上に関係しそうなのが天候。

大阪杯は季節柄、雨の影響が残ることが多く
馬場が緩い年は、外の方が走りやすい
ということが考えられそうです。

コース自体は内枠が有利ですが、
レース当日やその週の天候が悪ければ
外枠を選ぶような形が良さそうです。

大阪杯の歴代のレースを検証!

ここで、歴代の大阪杯のレースを
検証してみましょう。

G1とG2では、出走馬の質が異なるので
今回は、G1となってからの2回を
見てみます。

■2018年大阪杯

2018 大阪杯
着順枠番馬番馬名性齢人気
1815スワーヴリチャード牡41
235ペルシアンナイト牡46
348アルアイン牡42

■2017年大阪杯

2017 大阪杯
着順枠番馬番馬名性齢人気
145キタサンブラック牡51
234ステファノス牡67
3813ヤマカツエース牡54

この2年を見てみると、馬券圏内に入った
6頭のうち3頭がG1馬で、残りのうち2頭は
G1で2着に入った経験のある馬です。

そして、

1着馬は前年の有馬記念で惜敗し
年明け初戦として出走。

2着馬は、前哨戦で着外に敗れて
人気を落としていた馬。

という共通点がありました。

G1実績のある馬を中心に、予想を組み立てるのが
大阪杯的中のポイントになってきそうです。

大阪杯の得意な騎手は誰?

最後に大阪杯と相性の良い騎手を
探してみましょう。

過去10年で武豊騎手、池添謙一騎手、
浜中俊騎手の3人が2勝を挙げています。

特に武豊騎手は、G1昇格初年度に
優勝するなど、通算7勝なので、
この条件を知り尽くしている騎手と言えます。

阪神競馬場での開催ということで、
過去20年で、関東所属の騎手は2勝のみ。
関東馬にいたっては1勝だけという結果。

G1に昇格したことで、関東馬の出走が
増えてくるはずですが、関西馬と関西の騎手を
中心に考えていきたいレースです。

まとめ

今回は、古馬G1としては、最も新しい
大阪杯の傾向を見てみました。

  • 自在性と決め手のある馬が有利
  • ディープインパクトを中心に父サンデー系
  • 4歳馬、5歳馬が優勢。同世代決着も多い
  • 内枠有利なはずだが、雨が降れば減点
  • 前哨戦で凡走したG1で連対実績のある馬が狙い目
  • 武豊騎手をはじめとした関西騎手と関西馬

ポイントは、こういった所でしょうか。

G1としては、まだ2回しか
実施されていないので、
今後、もう少し明確な傾向が
見えてくるのかなと思います。

天候の影響を受けやすい時期なので
当日だけでなく、その週の降雨を
確認しながら、予想してみてください。

下の記事では大阪杯の過去10年分の
レース結果を一覧でまとめています。

⇒大阪杯の過去の結果! 10年分のデータを紹介

レース動画も掲載していますので、
合わせてご覧下さいね。

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》
GⅠ(春)レース傾向



キムラマサヒロをフォローする
競馬辞典.com