一口馬主の回収率は何%? ランキングでTOP5をご紹介!

一口馬主に興味を持つと、
まず気になるのが

一口馬主は儲かるのか?

という事ではないでしょうか。

これについては、馬券と一緒ですので
必ず儲かる方法は有りません。
しかし、どれくらい儲かる
可能性が有るのか?は気になる所。

今回の記事では、募集価格と獲得賞金から
見える回収率をベースに
成績の良いクラブをランキング
ご紹介していきます。

どのクラブが、出資者に優しいのか
目安になると思いますので、
出資先を探している方は、
ぜひ、検討の材料にしてください。

Sponsored Links

一口馬主の回収率!100%を達成出来る馬が30%ってホント?

一口馬主となった以上は、
最低でもトントンぐらいには
したいものですよね?
その目安になる数字が回収率です。

募集価格に対して、その馬が
いくら賞金を獲得したのかを計算し
100%を超えたら、馬代はペイできた
という事になります。

一部では回収率100%を達成できる馬が
30%という話もあるようですが、

一口馬主で黒字になる割合は約13%

というデータも出回っているので、
もっと難しいと考えられます。

1頭につき出資できる上限が決まっている

1頭につき、どれだけ出資できるか
ということですが、クラブによって
制限が変わってきます。

これは金額ベースではなく、募集馬に対する
出資口数への制限のため
「いくらまで出資できる」という金額は
ありません。

クラブや募集口数によりますが、
400口や500口で募集している場合は
10口ぐらいまで1頭に出資が可能です。

3勝を挙げそうな馬を選ぶ

フサイチパンドラの15 16年11月

(アーモンドアイ号1歳11月の映像)

愛馬が、G1レースや重賞で
活躍してくれると回収率が、
ガンっとアップしますが、
そこまで出世できる馬は、僅か。

多くの馬が、条件戦に
出走し続けることになります。

そのため、丈夫で長く走ってくれる
馬を見極めることが、一口馬主で
回収率をアップさせるポイントとなります。

頻繁にレースに出てくれれば、
賞金や出走奨励金を稼いでくれるだけでなく
愛馬の様子をマメにチェックができるので
どんどん愛着も沸いてくるでしょう。

各クラスの1着賞金額は

  • 新馬、未勝利…約500万円
  • 500万円下…約1000万円
  • 1000万下…約1500万円
  • 1600万下…約1800万円
  • オープン特別…約2400万円

となっていますので、3000万円の馬に
出資した場合は、3勝ぐらいすると
回収率が100%を超えてきます。

Sponsored Links

一口馬主の回収率ランキング! クラブTOP5をご紹介!

一口馬主で出資した場合のトントンのライン
回収率100%の目安がわかった所で、
マイナスにならない馬を多く出している
クラブをランキングでご紹介します。

各クラブの馬で回収率100%を超えている
馬の割合でランク付けしました。

(成績等は2018年8月5日時点のものです)

1.ノルマンディーオーナーズクラブ

出典:http://www.normandyoc.com

■ノルマンディーオーナーズクラブ

控除前回収率
100%達成馬の割合
26.8%
2018年出走頭数72頭
2018年
獲得総賞金額
3億3,930万円
歴代最高回収率馬ブラゾンドゥリス
2183%
主な現役馬プラチナムバレット

募集価格の平均が1000万円前後、
入会金10,800円、月会費1,080円と
参加しやすい金額が特徴の
ノルマンディーオーナーズクラブがトップ。

勝率などは、良血揃いのクラブには
及ばないものの、賞金を取れる
レース選びが抜群なため、

元が取れやすいクラブ

という成績となっています。

2.シルクホースクラブ

出典:http://www.silkhorseclub.jp

■シルクホースクラブ

控除前回収率
100%達成馬の割合
24.5%
2018年出走頭数173頭
2018年
獲得総賞金額
15億4,542万円
歴代最高回収率馬シルクフェイマス
2370%
主な現役馬アーモンドアイ

年々、勝利数を増やし、怪物牝馬
アーモンドアイで注目を集める
シルクホースクラブが2位。

募集価格の高い馬も多くなっていますが
期待馬がきちんと結果を出している
という事を示しているデータでしょう。

成績、人気共に、急上昇中のクラブです。

3.サンデーサラブレッドクラブ

出典:http://www.sundaytc.co.jp

■サンデーサラブレッドクラブ

控除前回収率
100%達成馬の割合
24.5%
2018年出走頭数206頭
2018年
獲得総賞金額
20億2,522万円
歴代最高回収率馬ジェンティルドンナ
5055%
主な現役馬アルアイン

シルクと同じ割合で2位タイだったのが
日本一の馬主と言える、
サンデーサラブレッドクラブ。

募集金額が高い馬ばかりにも関わらず、
達成率でTop3に入っているということは
重賞ホースを多く出しているという事でしょう。

40口での募集なので、敷居が高いにも関わらず
人気のために、希望馬に出資することが
難しいと言われているクラブです。

4.キャロットクラブ

出典:http://turfdust.cocolog-nifty.com/blog/

■キャロットクラブ

控除前回収率
100%達成馬の割合
23.6%
2018年出走頭数192頭
2018年
獲得総賞金額
12億3,974万円
歴代最高回収率馬シーザリオ
1987%
主な現役馬レイデオロ

サンデーと1,2を争う活躍を見せている
キャロットクラブは4位。

こちらも募集価格の高い、良血馬ばかりの
クラブですが、安定した成績を
残していると言えます。

中央所属馬は、400口での募集ですが
すぐに満口になる人気っぷりです。

5.東京サラブレッドクラブ

出典:https://www.tokyo-tc.com/top.html

■東京サラブレッドクラブ

控除前回収率
100%達成馬の割合
21.7%
2018年出走頭数77頭
2018年
獲得総賞金額
5億7,879万円
歴代最高回収率馬レッドファルクス
2933%
主な現役馬レッドファルクス

レッドの冠名でお馴染みの
東京サラブレッドクラブが5位に入りました。

上位4クラブは、牧場系のクラブでしたが、
こちらは、バイヤー系と言われるクラブ。

仕入れている分、牧場系に比べて
募集馬の価格が高くなりがちとの
評判もある中、5頭に1頭以上割合で
回収率100%を超える馬を出しています。

まとめ

今回は、1口馬主のお金について
ご紹介してきました。

獲得賞金額が募集価格を超える馬は
成績上位のクラブで20%~25%ほど。

という結果が見えました。

賞金額からクラブの手数料が引かれたり
月会費や毎月の経費があるので
実際に黒字になるのは、
もうちょっと少ない数になってきます。

この数字が、確率が
高いととるか、低いととるかは、
人それぞれになるでしょう。

大活躍した場合にも、クラブによっては
海外遠征を選択し、遠征費を会員で
負担する場合も出てきますので

一口馬主として出資する場合には
余裕のある金額からスタートすることが
オススメです。

[adesense3]

13.馬主



キムラマサヒロをフォローする
競馬辞典.com