競馬は楽天とジャパンネット銀行どっちがお得?徹底検証してみた

ネット投票で競馬を買おうと思ったとき、
特に銀行口座はどこにしたら
いいのか悩みますよね。

さらに今はやりのネット銀行で悩む
ということももちろんあると思います。

有名なネット銀行でいえば
楽天銀行ジャパンネット銀行

その2つがCMや広告などで
かなり見る機会があります。

ではどちらのほうがいいのか
どういったメリットがあるのか、
見ていきたいと思います!

Sponsored Links

競馬での楽天とジャパンネット銀行の比較

では早速、楽天銀行ジャパンネット銀行
比較していきながら、
どちらのほうがいいのか見ていきます。

まずは基本的な要素を比べていきましょう。

1.口座開設手数料

まず一つ目に口座開設手数料です。

口座を開くにあたっていくらくらい
必要になってくるのでしょうか。

口座開設手数料については、
楽天銀行、
ジャパンネット銀行ともに無料で、

口座を開くだけではお金はかからないので
心配はいりません。

2.ATMへの入金手数料

次にATMへの入金手数料は
いくらなのでしょうか。

楽天銀行

3万円未満の入金は
216円~270円かかります。

しかし、3万円以上の入金は無料です。

ジャパンネット銀行

毎月最初の一回は無料です。

2回目以降は、
3万円未満が162円~324円かかります。

3.ATMからの出金手数料

では次に出金手数料について
みていきましょう。

楽天銀行

金額にかかわらず、
216円~270円かかります。

ジャパンネット銀行

毎月1回目は無料です。

2回目以降は3万円未満は162円~324円
3万円以上は無料です。

4.口座開設までの期間

4つ目の比較店として、
口座開設までの期間を
見ていきたいと思います。

楽天銀行

申し込みから、利用開始まで
郵送機関を含めて、約2週間となっています。

ジャパンネット銀行

スマートフォンアプリで
本人確認書類を送った場合、
画像を送信してから5~7日程度

口座開設書類を取り寄せした場合、
書類のお届を合わせて、約2週間程度

楽天銀行の5つのメリット

では次に、それぞれの銀行のメリット
何なのでしょうか。

ほかの銀行と違うところや、
他よりも優れているところ、
それぞれ見ていきたいと思います。

まず、楽天銀行には、
主に5つのメリットがあり、
それぞれ掘り下げて考えていきます。

1.ポイントが貯まる

1つ目に楽天銀行にすると、
ポイントが貯まるということがあげられます。

楽天スーパーポイントというポイントです。
これはどういったことで貯まるのでしょうか。

  • JRA即パット、楽天競馬、
    SPAT4への入金
  • ボートレースの入金
  • 他行銀行からの振り込み
  • 口座振替
  • 楽天バンク決済

などで貯まります。

競馬をすると必ず入金を行いますよね。

それでポイントが貯まるのであれば
儲けもんです。

2.提携ATMが多い

2つ目に提携ATMが多い
というところがあげられます。

使えるATMを紹介します。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ステーションATMパッとさっと
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

これだけ提携ATMがありますので、
かなり使い勝手もいいものがあります。

店舗銀行よりもかなり多いですしね。

3.ATM手数料無料

3つ目にATM手数料が無料
いうとことがあげられます。

しかし、これには少し条件があります。
まず条件として、
楽天銀行で給与を受け取るということです。

これによって、
他行銀行手数料が翌月3回無料になります。

当月使わなかった無料回数は2回まで
繰り越して最大5回分まで
保有することができます。

また、これにはハッピープログラムに
エントリーすることが必要となります。

4.口座維持管理費用無料

4つ目に口座維持管理費が無料
ということがあげられます。

口座維持をするにあたって
お金はまったくかかりません。

5.すべての公営競技に使える

最後にすべての公営競技に使える
というところがあげられます。

競馬はもちろん、地方競馬やボートレース、
競輪、オートレースなどすべての公営競技を
楽天銀行の口座をもっていれば
行うことができます。

少しでもほかのギャンブルに
興味がある人であればすごい便利ですよね!

Sponsored Links

ジャパンネット銀行の3つのメリット

では次にジャパンネット銀行のメリットに
ついて説明していきたいと思います。

ジャパンネット銀行には
主に3つの大きなメリットがありますので
その解説をしていきます。

1.年会費・入会費無料

まず一つ目に年会費、
入会費が無料というところです。

ジャパンネット銀行への入会費であったり、
年にかかる年会費などが無料です。

さらに、ジャパンネット銀行では
口座を開設した人にVISAデビット付き
キャッシュカードを発行しており、

その入会費や年会費も無料
という太っ腹制度です。

2.払戻・精算はリアルタイム

2つ目に払戻や精算がリアルタイムで
行ってくれるところです。

競馬や競輪で当たったお金が
なかなか払い戻してくれない
というところもあります。

しかし、そういったことはなく、
払戻金確定後すぐにお金を
引き出すことができます。

3.土日祝日の入出金OK!

最後に土日祝日の入出金ができる
ということです。

ほかの口座では競馬用に入金したお金が
土日開けるまで出金できず、
急な出費に対応できない
ということもあります。

しかし、
ジャパンネット銀行ではそんなことはなく、
その日に当たったお金はその日のうちに
引き出すことができます。

それが土日祝日でも関係なく引き出せます。

まとめ

今回は競馬用口座に比較的向いている、
2つのインターネットバンクを
紹介してきました。

どちらも使っている人も多く、
かなり使い勝手はいいです。

それぞれにメリットデメリットがあり、
使う人のタイプによって臨機応変に
変えることが重要となります。

基本的に、
公営ギャンブルに向いている口座なので
競馬から競輪、オートレース
幅広く行う人にとっては、
欠かすことのできない口座になります。

まだ楽天銀行ジャパンネット銀行
開いていない人は
ぜひ口座開設してみましょう!

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》

コラム



競馬辞典編集部をフォローする
競馬辞典.com