リーチザクラウンとは? 産駒の出走での評判を紹介!

現役時代は26戦4勝(内重賞2勝)と
成績が振るわず、種牡馬として
さほど期待もされてなかったであろう
リーチザクラウン。

しかし、彼の産駒たちの成績が良いことが
関係者の中で激震となり、
驚異的なスピード出世を果たしました。

そんなリーチザクラウンの産駒たちの
何がすごいのか…

そこで今回は
リーチザクラウンの産駒について
ご紹介をしていきたいと思います。


リーチザクラウンの産駒!子供を5頭紹介

産駒たちの成績が優秀であることから
種牡馬となってから有名になった
リーチザクラウン。

優秀とは言うけど、
実際はどんな仔たちがいるの?

今回は数いる産駒の中から
5頭ピックアップしてご紹介していきます!

1.キョウヘイ

キョウヘイは2014年に誕生した
初産駒の34頭のうちの1頭です。

本馬の名前は馬主・瀬谷隆雄氏の
知人の息子さんの名前にちなんでいるそう。

リーチザクラウンスペシャルウィーク
クラウンピース
ショウナンアネーロダンスインザダーク
ショウナンハピネス

主な成績はこちら!

  • 2017年:GⅢシンザン記念(1着)
  • 2018年:OP小倉日経オープン(3着)

リーチザクラウン産駒の中で
初めて重賞制覇した産駒です。

2.サヤカチャン

サヤカチャンは2015年に誕生した
産駒34頭のうちの1頭です。

リーチザクラウンスペシャルウィーク
クラウンピース
アップルトウショウアンバーシヤダイ
ダーリントウショウ

主な成績はこちら!

  • 2017年:GⅢアルテミスS(2着)

OPクラスの勝利はまだないものの、
初めて挑んだアルテミスSでは
2着と大健闘を果たしました。

3.スーパーマックス

スーパーマックスは2014年に誕生した
初産駒の34頭のうちの1頭です。

主に佐賀競馬で行われる
ダート競走に出走しており
地方重賞を制覇しています。

リーチザクラウンスペシャルウィーク
クラウンピース
レヴェトンMalibu Moon
イフティラース

主な成績はこちら!

  • 2016年:九州Jrチャンピオン(1着)
    • 2017年:佐賀皐月賞(1着)、
      韓国岳賞(1着)
  • 2018年:佐賀王冠賞(1着) など

中央・地方合わせて21戦して、
2018年8月末時点で、12勝しています。

4.ガロ

ガロは2014年に誕生した
初産駒の34頭のうちの1頭です。

リーチザクラウンスペシャルウィーク
クラウンピース
ニシノカーリーShamardal
オンザロンリー

主な成績はこちら!

  • 2017年:浦和桜花賞(4着)
  • 2018年:アルビレオ賞競走(2着)

主に大井競馬で行われる
ダート競走に出走しています。

優勝こそないものの、
入賞を果たしています。

5.ニシノウララ

ニシノウララは2015年に誕生した
初産駒の34頭のうちの1頭です。

リーチザクラウンスペシャルウィーク
クラウンピース
パラディナRahy
Khumba Mela

主な成績はこちら!

  • 2017年:GⅡ京王杯2歳S(5着)

重賞勝利こそないものの、
初めての重賞で出走した京王杯2歳Sでは
11頭中5着入賞を果たし、

その中で出走した牝馬の中では
最先着を果たしました。

500万下のレースでも
4着以下になったことはなく、
これから伸びてくるのではないかと思います。

リーチザクラウンの産駒の成績/戦績は?

リーチザクラウンの産駒たちは
2016年にデビュー後、61頭出走しています。

成績・戦績は以下の通りです。


出典:http://www.netkeiba.com/?rf=logo

2018年現在までにデビューしている産駒は
まだ、リーチザクラウンが
種牡馬として認められ始める前に
種付けした仔たちです。

母馬たちも有名どころはいません。

それでも2018年においては
8月末時点で既に10勝をあげ、
そのうち1勝は重賞です。

これはもう大活躍といっても良い
戦績だと言えるでしょう。


リーチザクラウンの産駒の評判は?

種牡馬として同年デビューした
他の種牡馬に比べ、
早くも産駒が重賞制覇していること、

また、その母たちの血統や戦績が
よくなかったことを踏まえると

産駒たちとても優秀!

関係者の中でも話題となり、
社台スタリオンステーションでも
種牡馬としての権利を50%購入しています。

今後、良血馬との交配で
より優秀な仔が生まれるかもしれません。

リーチザクラウンの種付け料は?

リーチザクラウンは種牡馬として
スピード出世した馬で、

種牡馬として活動し始めた
2013年には20万円だった種付け料が
2018年には100万円に値上がっています。

リーチザクラウンの産駒は数が少なく、
決して良血とは言えない
繁殖牝馬たちとの仔であるにも関わらず

産駒がデビューした2016年以降
成績が優秀であることが
値上がりの理由でしょう。

また、繋養先が
社台スタリオンステーションに
移動したことも理由の一つといえます。

リーチザクラウンの馬主は?

リーチザクラウンは臼田浩義氏所有の
競走馬でした。

しかし、
2010年の現役中に譲渡されており
今は西山茂行氏の所有となっています。

引退後は西山氏の尽力もあり
種牡馬としてアロースタッドにて
繋養されていましたが、

2016年に社台スタリオンステーションへ移り
大きな話題を呼びました。

リーチザクラウンの現役時代の成績/戦績は?

リーチザクラウンは
2008年10月26日にデビューし
2013年2月3日のレースをもって引退しました。

競走成績は以下の通りです。

競走日競馬場レース名距離人気着順
2008.10.26京都2歳新馬芝1800m2人2着
11.16京都2歳未勝利芝2000m1人1着
12.7阪神千両賞500万下芝2000m1人1着
12.27阪神ラジオNIKKEI杯2歳SGⅢ芝2000m1人2着
2009.2.15京都きさらぎ賞GⅢ芝1800m1人1着
4.19中山皐月賞GⅠ芝2000m2人13着
5.31東京東京優駿GⅠ芝2400m5人2着
9.27阪神神戸新聞杯GⅡ芝2400m3人2着
10.25京都菊花賞GⅠ芝3000m1人5着
11.29東京ジャパンカップGⅠ芝2400m5人9着
12.27中山有馬記念GⅠ芝2500m5人13着
2010.2.21東京フェブラリーSGⅠ芝1600m4人10着
4.17阪神マイラーズカップGⅡ芝1600m3人1着
6.6東京安田記念GⅠ芝1600m1人14着
12.18阪神阪神カップGⅡ芝1400m3人7着
2011.1.5京都京都金杯GⅢ芝1600m1人4着
2.27中山中山記念GⅡ芝1800m3人3着
4.17阪神マイラーズカップGⅡ芝1600m3人9着
5.8京都都大路SOP芝1800m1人14着
6.5東京安田記念GⅠ芝1600m14人17着
10.15東京アイルランドTOP芝2000m3人10着
2012.4.1中山ダービー卿CTGⅢ芝1600m3人10着
4.22京都マイラーズカップGⅡ芝1600m13人16着
6.17福島バーデンバーデンCOP芝1200m5人8着
7.1中京CBC賞GⅢ芝1200m10人6着
2013.2.3東京東京新聞杯GⅢ芝1600m15人16着

生涯成績:26戦4勝

リーチザクラウン自身GⅠ勝利はないですが、
GⅡのマイラーズカップ、
GⅢのきさらぎ賞を制しています。

しかし、譲渡によりオーナーが変わった後は
成績が振るわず、引退し種牡馬となりました。

引退後はアロースタッドにて繋養されました。

リーチザクラウンの脚質は?

リーチザクラウンは現役中、
馬群の先頭集団に位置し、
そのまま走り去る
『逃げ』を得意としていました。

しかし、ペースが早すぎたり、
抑えめに走ってしまうと、最後の直線で
交わされてしまうこともあったため、

うまく脚をためながら小差で逃げ、
最後に突き放すといった
走り方をしていたようです。

レース動画を紹介

今回は受賞初勝利を飾った
『きさらぎ賞』をご紹介します。

クラシックへの登竜門として名高い
このレースを1番人気で支持されました。

レースはスローペースで逃げる展開となり、
最後の直線で追い出し、
他の馬たちを引き離して優勝しました。

まとめ


出典:http://www.jrha.or.jp

いかがでしたか?

今回はリーチザクラウンの産駒
についてご紹介して行きました。

重賞を2勝しかしておらず、
馬主・西山氏が尽力を尽くして
種牡馬になったリーチザクラウンですが、
当初は期待もされていませんでした。

しかし、産駒がデビューし、
中央・地方で活躍、
重賞制覇している産駒がいることで
その名が知れ渡るようになりました。

今後、良血牝馬たちとの交配から
GⅠ制覇できる馬が誕生するのか
今後の動向が楽しみです。


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》
10.伝説の名馬一覧



ぽんをフォローする
競馬辞典.com