サラブレッドの生産頭数! 日本では年間どのくらい産まれるの?

本文に入る前に、ちょっとした
競馬あるあるを1つご紹介します。

日本ダービーが終わると必ずと
言っていいほど記事に記載される
内容があります。

最近のダービーならば、

ウマ

約7,000頭の頂点

これは、その3年前に生まれた
サラブレッドの頭数。

一生に一度しか出走できない日本ダービーで
世代の頂点に立った重みを表す言葉として
定着しています。

競馬を盛り上げるために必要不可欠な
サラブレッドですが、

生産頭数約7,000頭は多いの?
少ないの?

って感じになりますよね。そんな疑問を
解決すべく、サラブレッドの生産頭数の
推移をご紹介していきます。

Sponsored Links

サラブレッドの生産頭数は日本で約7000頭!

先ほどもご紹介しましたが、現在の
日本でのサラブレッドの生産頭数は
年間約7,000頭。

9,000頭以上の繁殖牝馬が種付けされ、
受胎し、無事に誕生した頭数が
約7,000頭となります。

生産については、種牡馬に関する
こちらの記事をぜひご覧ください。
⇒種牡馬の産駒に特徴はある? 知っておきたい3つの基準

日本のサラブレッドの生産頭数は
どのように推移していて、
世界と比較するとどんな感じなのでしょうか?

90年代をピークに生産頭数は減少傾向に推移している

日本軽種馬協会が発表しているデータによると
1955年には600頭に満たなかった
サラブレッドの生産頭数。

高度経済成長と合致するように
1976年まで、年々増え続け、
8,500頭近くにまで到達します。

その後、しばらく停滞したものの
80年代後半から飛躍的に増え
サラブレッド、サラ系を合わせ
91年には10,000頭を突破しました。

バブル崩壊に歩みを合わせるかのように
翌92年をピークに減少の一途をたどっており
97年に9,000頭割れ、2005年に8,000頭割れ、
2012年に7,000頭割れとなっています。

現在は2012年を底にして、回復傾向。
2017年の生産頭数は7年ぶりに
7,000頭を突破しました。

■サラ系生産頭数の推移

サラ小計サラ準サラサラ系
19556605581983
19567276093088
19578177023283
19589418361491
19591,0319311783
19601,1151,0201580
19611,2371,1311294
19621,4911,36319109
19631,7671,61621130
19642,0131,84919145
19652,1652,02518122
19662,2602,12621113
19672,6172,46627124
19683,0212,86522134
19693,7463,54023183
19704,3894,12950210
19715,0654,83850177
19725,5955,31639240
19736,1736,01431128
19747,2977,0863208
19758,1137,800 313
19768,4708,218 252
19777,9687,734 234
19787,7807,573 207
19797,7127,536 176
19807,7267,557 169
19817,8677,691 176
19828,0727,922 150
19837,9777,855 122
19847,6947,585 109
19857,6297,510 119
19867,6497,562 87
19877,7657,662 103
19888,3118,233 78
19898,7518,646 105
19909,3199,225 94
199110,0549,968 86
199210,40710,309 98
199310,18810,109 79
19949,9879,899 88
19959,2129,149 63
19969,0458,990 55
19978,6688,617 51
19988,4938,455 38
19998,5278,475 52
20008,6228,571 51
20018,8078,763 44
20028,7478,689 58
20038,5548,506 48
20048,2618,233 28
20057,9817,951 30
20067,6697,646 23
20077,5237,503 20
20087,3707,352 18
20097,4747,463 11
20107,1207,113 7
20117,0767,071 5
20126,8286,824 4
20136,8366,833 3
20146,8886,885 3
20156,8476,844 3
20166,9076,906 1
20177,0807,079 1
Sponsored Links

サラブレッドの生産頭数は世界で約9万頭!

世界に目を移してみると、2016年の
サラブレッドの生産頭数は
約94,000頭。

日本は約7.3%のシェアで、アメリカ
アイルランド、アルゼンチンに次ぐ
世界で4番目に生産頭数が多い国となります。

世界の生産頭数は、2006年から2008年にかけ
120,000頭を超えていましたが、その後減少。
2015年に下げ止まり、徐々に増えつつある
という状況です。

サラブレッドの生産頭数の世界一はアメリカ

ベルモントステークス ジャスティファイ 2018 アメリカ競馬 無敗三冠馬

サラブレッドの生産頭数で、圧倒的な
数字で世界一となっているのが
アメリカ。

年間20,000頭以上を生産していて
世界シェアの20%以上を占めています。

日本の3倍以上の数字ですが、
80年代には年間50,000頭以上を
生産していたので、その頃に比べると
4割程度にまで落ち着いたことになります。

サラブレッドの寿命は何歳くらい?

国内で約7,000頭、世界で90,000頭が
1年間に生産されているサラブレッド。

何歳まで生きるのかという寿命に関する
正確なデータはありません。

それは、種牡馬や繁殖牝馬となった馬の
余生については、公開されていますが、
引退後に、それ以外の用途になった馬は
どこで何をしているかわからないからです。

健康に寿命を全うした場合には、
20歳~25歳ぐらいが平均寿命と言われており
30歳となると人間で言う100歳超えのような
超高齢となります。

競走馬の命については、こちらの記事も
ぜひご覧ください。
⇒競走馬の骨折の治療! 復活できなければ薬殺されるの?

まとめ

今回は、サラブレッドの生産頭数について
ご紹介してきました。

  • 日本では年間約7,000頭を生産
  • 92年をピークに減少傾向
  • 現在、世界4位の生産大国

これが日本のサラブレッド生産の
現在位置となります。

  • 世界では年間90,000頭以上を生産
  • 世界一の生産国はアメリカ

この2点も一緒に覚えていただけると
生産通に見えるのではないでしょうか。

毎年、日本ダービーの頃には
生産頭数の数字が出てきますので、
少しだけ気にしてみてください。

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》
コラム



キムラマサヒロをフォローする
競馬辞典.com