競走馬の輸送車が事故! 馬への補償はいくらになるの?

競走馬が移動の時に乗る輸送車のことを
“馬運車”と言います。

この馬運車は、JRAの関連企業のほか
民間の業者もあり、牧場とトレセンや
競馬場から牧場の移動については
馬主が負担。

トレセンから競馬場の輸送については
主催者であるJRAが負担することに
なっています。

東西合わせて、1日に300頭以上
輸送することもある馬運車。

時にはセールで何億もした馬や10億以上の
賞金を稼いだ馬を運ぶ時もあります。

そんな馬を乗せて走行中に
事故を起こした場合には
どうなるのでしょうか?

今回は競走馬の輸送車にまつわる話を
紹介していきます。

Sponsored Links

競走馬は対人? 対物? 補償はどうなるの?

競走馬用の保険があるため、万が一の場合
オーナーには保険から補償がされます。

また、当然のことながら、輸送会社も
自動車保険に加入しているため
競走馬に何かがあっても保険対応の
対象になると考えられます。

万が一、私たちが競走馬の輸送車と
衝突事故を起こした場合ですが、

生き物といえども競走馬は人ではないので
対人ではなく、対物の補償の範囲で
保険の適用対象となります。

サラブレッドなら数億円の補償になる?

冒頭に少し書きましたが、セールでは
1億を超える馬がいたり、一流馬では
10億円以上の賞金を稼ぐ馬もいます。

また、現役時代に活躍して種牡馬になる際に
数十億円のシンジケートが組まれる馬もいます。

そのため、サラブレッドを輸送している車が
事故を起こした場合、補償額が数億円になる
可能性もゼロではありません。

そんな事から、トレセン近くに住んでいる
人たちは

何があっても馬運車には当たるな!

と言い合っているのだとか。

また、そんな高額な“商品”を載せて
運転をしているため、馬運車の運転は
かなり上手でマナーも良いと言われています。

競走馬の輸送! 北海道ではよく遭遇するの?

馬運車が走っているのはトレセンや
競馬場付近だけではありません。

競走馬生産のメッカである北海道の
牧場周辺では、特に種付シーズンに
遭遇する機会が多いようです。

JRAのレースに出走する馬が乗る
輸送車は豪華に改造されたタイプが
ほとんどですが、牧場周りの場合
簡素な輸送車で運ばれることもあるようです。

Sponsored Links

競走馬の輸送車! 名前は歴代ダービー馬がつけられているってホント?

出典:https://twitter.com/

JRAの関連企業で、競走馬の輸送専門の
会社である日本馬匹の輸送車には
ダービー馬を始めとした、歴代の
名馬の名前がつけられています。

現在走行中の馬運車の名前のリストは
公開されていないのですが、

スペシャルウィークやウイニングチケット
といったダービー馬から、オグリキャップや
ジェンティルドンナというグランプリホースなど
名馬の名前が記された車が走っています。

歴代のダービー馬の名前については、
こちらの記事を参照ください。
⇒日本ダービーの過去10年のデータ! 一覧表にてご紹介!

競走馬の輸送中に事故! 唯一助かったサンデーサイレンス!

1年間にかなりの数の競走馬が輸送されるため
万全を期していても事故が発生してしまう
ことがあります。

その中でも最も有名なエピソードの1つが
名種牡馬サンデーサイレンスの子供時代の
でしょう。

サンデーサイレンスについて詳しくは
こちらの記事をどうぞ!
⇒サンデーサイレンスとは? 産駒や子供の成績・種付け料をご紹介!

幼駒の頃にセリに出されたサンデーサイレンス。
その帰り道、運転手が心臓発作を起こし
馬運車が横転する大事故に巻き込まれます。

この時、同乗していた他の競走馬はすべて死亡。
サンデーサイレンス自身も、しばらくは
真っすぐに歩けないほどの重症を
負ったと言います。

しかし、そこから不屈の闘志で
競走馬として活躍。

引退後は日本に渡り、種牡馬として
日本の血統地図を塗り替える大活躍を
見せました。

馬運車の改装費はいくらかかるの?

馬運車紹介VTR 【日本馬匹輸送自動車㈱】

競走馬を輸送する専用にカスタムされた
馬運車は、いったいいくらぐらい
するのでしょうか?

この動画のような馬運車は
大型トラックを改造していて
車体価格がおよそ1400万円のもの。

競走馬の輸送用にカスタムされた車は
販売価格が5000万円以上に
上るということです。

6頭を一度に詰めるようになっていますが、
競走馬を輸送する際には4頭で移動。

金額は公になっていませんが、
トレセンから近郊の牧場間ならば
1万円~2万円ほど。

美浦トレセンから北海道までの
移動ならば10万円以上かかるようです。

まとめ

今回は、競走馬の輸送車である
馬運車についてご紹介してきました。

  • 万が一の場合、競走馬は
    対物の範囲で補償される
  • 場合によっては、億単位の
    損害賠償になることも……。
  • JRAのレースに挑む競走馬が乗る
    馬運車は5000万円ぐらいする

といった内容でした。

「競走馬輸送中」という文字を記した
大型車が近くに走っている場合には
いつも以上に注意をした方が
良さそうですね。

競走馬の安全と、自らの安心のために
馬運車を見かけたら、慎重に行動しましょう!

Sponsored Links


ダービースタリオンマスターズ
ついに発売!ダービースタリオンマスターズ!

■ダービースタリオンが人気の理由は、■

・こんなに遊べるのに無料
・オーナー目線(馬主)の体験ができる
・ストーリーモードがある

懐かしい名馬で配合して
自分だけのオリジナル産駒でG1を制覇しよう



【競馬ゲームの決定版!】
ダービースタリオン

《人気急上昇中♪》
コラム



キムラマサヒロをフォローする
競馬辞典.com